経営のポイント

TOP > 経営のポイント

これからコインランドリーを始める方、コインランドリー経営をご検討中の方にとって気になるポイントをご紹介します。
「清潔な、明るい、安全な」お店作り コインランドリービジネスのひとつのメリットとして、常時、店舗に従業員を常駐させる必要がないことが挙げられると思いますが、無人店舗だからこそ、店舗はお客様の残されていくごみ等で、汚れがちになります。不潔だと感じる場所では、自分の衣服を洗濯したくないものです。1日1回はきちんと整理・清掃を行いま しょう。コインランドリーは無人店舗が多いわけですから、そこに入ったり、所有物を置いていったりすることには、当然誰しも不安があります。それをやわらげるために、外から内部がよく見えるように、ガラスエリアを多く取ったり、セキュリティカメラを置くことは非常に効果的です。一方、故障した機械が長期間放置されていたり、照明が切れたままになっていたりすると、管理がなっていない店として不安を感じ、足が遠のいてしまうのでご注意ください。
コインランドリーの中心は「乾燥機」 といったニーズが考えられます。中でも、梅雨や秋の長雨など、雨が続く時期は洗濯物をカラッと乾かすことが難しく、においが発生する、なんてことも。そんな折、コインランドリーが近くにあれば、ぜひ利用してみたいと思う方が多いようです。乾燥機への需要は雨の日が続いたときに一挙に増えます。乾燥機は洗濯機に比べ価格も安いので、ぜひ多めに十分な台数を店舗に設置することをお勧めします。一般的には、乾燥機の台数の目安は少なくとも店舗の駐車場の台数分は必要であるといわれています。洗濯物をカラッとふんわり乾かすためには、十分な乾燥ドラムのサイズ、すなわち乾燥容量が必要です。十分なサイズのドラムで乾かした洗濯物は、繊維の間に充分熱風が通るため、ふわふわに仕上がります。乾燥機の容量は洗濯機の容量よりも 若干大きめが良いでしょう。